多頭飼いの猫の餌で気を付けることとは?

運動時間の少なさに注意

外で自由に動き回っている猫と違って、狭い室内で多頭飼いをしている場合には、猫が運動不足になってしまう事が多いです。
もし全ての猫が運動不足だと感じた際には、脂肪分の摂取量を抑えた餌にしておかなければ、全ての猫が太ってしまう可能性もあります。

多頭飼いをしている仮定では、周囲の猫に餌を食べられてしまうかもしれないと考えて、必要以上に猫の餌を食べてしまう猫が出てくる事も珍しくありません。
そのような猫も脂肪分の過剰摂取によって、一気に太ってしまう事も多いからこそ、全ての猫に低カロリーや低脂肪の猫の餌を与える事を意識しましょう。
そうする事で猫が焦って餌を食べ始めても、猫が太ってしまわないように対策をする事ができます。
後は猫の運動時間を増やしてあげる事を意識すれば、高血圧などの病気を防げる可能性が高まります。

毛玉ケア効果のある餌を選んでおく

猫がスムーズに毛玉を吐き出せるように、猫草を部屋に設置している家庭であっても、多頭飼いの場合は猫草が効果を発揮しない場合もあります。
それは猫がどれぐらい草を食べているのか、一匹ずつチェックする事が難しくなってしまうためで、一部の猫だけ毛玉が吐き出せなくなる事も珍しくありません。
そんな恐ろしい事態にならないためにも、猫草で毛玉を吐き出させようとするのではなく、毛玉ケア効果のある猫の餌を選んであげる事が重要です。

食物繊維を多く含むキャットフードというだけでも、毛玉を吐き出すために役立てる事ができます。
猫を放し飼いしている場合には、外で勝手に草を食べてくる事もありますが、室内外の場合には注意をしなければいけません。
毛玉を吐き出さなくなって、便秘を患っている猫がいるのであれば、内臓にケア球が詰まっているかもしれないと考えてください。